バリフは、2003年にドイツの製薬メーカーにより販売が開始されたED治療薬levitraのジェネリックです。同じ有効成分を配合している上に、20パーセント程度の価格で購入できるので、経済的な負担を大幅に軽減することができます。

バリフによる具体的な作用は、勃起を妨げているPDE-5という酵素の活性を阻害するということです。これにより陰茎周辺部の一酸化窒素作動性神経に作用し、血管が拡張することになります。陰茎への血流を促進して海綿体への血流量が増加するので、性的な刺激を受けた時に勃起することが可能となります。

バリフの特徴は、食事による影響を受けにくいということで、標準的なカロリーバランスによる栄養補給であれば効果が左右されることはありません。つまり、服用後に栄養補給できるということであり、空腹な状態のままで性行為を行う必要はありません。身体への負担が軽くなるので、健康状態を損なう危険も少なくなります。

ただし、バリフは万能のED治療薬というわけではなく、原因によっては効果が発揮されないケースもあります。例えば、包皮が癒着していることによる勃起不全の場合は、状況によっては思わしい結果が出ない場合もあります。この様な状態は真性包茎と呼ばれており、症状によっては性行為だけではなく排尿するのも困難というケースもあります。

また、この様な状態で勃起させたとしても性行為を行うと包皮に裂傷を負ったり、出血する危険があります。この為に、まずは包皮との癒着を改善するのが先決です。排尿や性行為が難しいほどの包茎であれば、健康保険が適用される保険診療を受けることができます。外用薬を使用して少しずつ先端部を露出する訓練を行うという内容で、かなりの確率で解消されます。