バリフとは、インドの製薬会社アジャンタファーマが製造販売している、ED治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。バイアグラは世界で初めて誕生した革命的なED治療薬でしたが、食事の影響を受けやすい事や顔の火照りなどの副作用が現れやすい弱点もありました。レビトラはバイアグラの短所を克服するべく作られたED治療薬で、速効性がありながら食事の影響を受けにくい薬になっています。レビトラのジェネリック医薬品であるバリフも同等で、食事のタイミングなどを計る必要がないため、プレッシャーから解放されます。

バリフを購入する一般的な方法は、輸入代行業者からの通販購入です。正規の入手方法は、バリフが認可された国に行き、医療機関で処方を受ける事ですが、頻繁に国外に行くような人でなければ現実的な方法ではありません。注意点として、輸入代行業者の中には偽造品や粗悪品を販売する悪徳業者も存在しますので、値段だけで決めず実績のある通販サイトを利用しましょう。

また、医師の診察を受けた事のない人がED治療薬を服用する場合、始めから無理な飲み方をしてはいけません。ED治療薬は効果の個人差があり、多めに服用しなければ効果が現れない人もいれば、少しでも高い効果を得られる場合があります。ピルカッターなどで錠剤を半分にして飲むなど、少量から試してみるのがおすすめです。
バリフを含めたED治療薬の副作用はだいたい似ており、血流が良く成る事での顔の火照りや鼻づまり、軽い頭痛などがあります。しかし不眠やめまい、消化不良や下痢、吐き気などによる摂食障害が起きる場合があり、バリフの持続時間である6~10時間を超えても症状が緩和されない場合は医師の診察を受けて下さい。

バリフとはEDジェネリック医薬品のことであり、比較的手頃な価格で手に入れることができるので多くの人が使っています。
この薬の主成分は陰茎の勃起を止める酵素であるPDE5を阻害するという作用があるため、PDE5阻害薬と呼ばれています。
この薬は服用してから15分~30分と短い時間で効果が現れるという特徴があり、最大5時間程度持続するとされているため、長期の服用でも安定した効果が得られるでしょう。
一般的なEDジェネリックよりも食事や飲酒時に影響が少ないとされており、10mgでも十分な効果があると言われているため、最初は少ない量からの服用がオススメです。
成人は1日1回10mgを性行為の1時間前に経口服用するのですが、効果がないからといって追加で服用してはいけません。
また、血圧の低下が起こることがあるため、車の運転などの前には服用しないようにします。
10mgの服用で十分な効果が得られないという場合、20mgに増量することができます。
1日の服用は1回までとなっており、服用間隔は24時間以上空ける必要があります。
バリフの副作用としては頭痛とほてりがよく起きるとされています。
これらの症状は血管を広げる作用によるものなので数時間で治まることが多いですし、特に心配はないでしょう。
また、一過性の視覚異常が現れることがありますが、このような症状もすぐに治まるということです。
その他の一般的な副作用としては、鼻づまりやめまい、動悸、彩視症、光視症などといったものが挙げられます。
この薬を使って重い副作用が起きる心配はほとんどありませんが、稀に持続勃起症などが起きる場合もあるということです。
また、この薬には併用禁忌薬もあるのでしっかり確認しておきましょう。